トラブル回避のコツ教えます!

女性特有のトラブルとその防止策や回避方法まとめ

看護師に多い人間関係のトラブル

 女性が活躍している看護職は、時には人命にも関わるため、社会的にも重要だと位置づけられており、やりがいを持って臨むことができる仕事です。
しかし、看護師の主体は女性であり、そのことから生じるトラブルが依然として多いのが現状です。
看護に臨む人は、実際にそうした性別に由来する特有の問題が生じる可能性があることを十分注意しておかなければなりません。

 まず、女性特有の性質として、男性よりも圧倒的に話す言葉が多い点が挙げられます。
男性と比較して、1日あたり実に13000語も多くの単語を発すると言われますが、他部署との連携や患者さんに対して親身な姿勢を貫かなければならない看護師にとっては、コミュニケーションは必要不可欠だと言えます。

 しかし、そうした看護の仕事においては適当だとされるコミュニケーションも、相手との関係性を見誤った状態で発揮されると、大きなトラブルの元となってしまいます。
その例が「マウンティング」の問題です。
マウンティングはとかく相手との関係において自分を優位に置こうとする女性特有の行動だとされ、昨今はドラマ化などもされたことで注目を集めていますが、看護の仕事はこの問題が起きやすいと言われています。
その原因は、性別の比率的な問題に加えて、患者さんに対する親身な姿勢をついつい同僚などにも当てはめてしまいがちなことにあるようです。

 看護の業務を行うにあたって、「より働きやすく人間関係を調整したい」と考えている人は、こうした人間関係の問題が起こりやすいことを認識しましょう。
その上で、相手との距離感を測るように心がければ、上手くトラブルを避けることができるようになるかもしれません。