トラブル回避のコツ教えます!

女性特有のトラブルとその防止策や回避方法まとめ

看護の現場で生じる人間関係のトラブルについて

看護は社会的にも重要な業務である反面、依然として女性の比率が高いため、そうした環境から起こるトラブルが頻発しやすいのが現状です。
患者さんからのセクハラや医師からのパワハラは、常に毎年一定の件数が問題として報告されています。
また、医療措置に対して一方的な不満をまくし立てるモンスターペイシェントの問題は特に看護師との間で生じやすいため、これも間接的ながら性別に由来するトラブルだと言えそうです。

しかし、看護の現場において起きる問題は、何もこれだけではありません。
時として同僚との間にも深刻な人間関係の問題が生じる可能性があるので、実際に医療の現場で働く看護師は十分に注意しておかなければなりません。

具体的に同僚間でどのような問題が生じるのかと言えば、まず「マウンティング」が挙げられます。
マウンティングとは、言動などで自分が相手よりも優位にあることを示そうとする行動のことを言い、女性特有の問題行動だとして近年着目されています。
例えば、「私の方が多くの患者さんから頼られている」といった仕事ができるアピールは、マウンティングの典型でしょう。
「また医師から仕事を頼まれちゃった」や「あなたは残業もしないで帰れるの?」といった言動も、間接的なマウンティングと考えられます。
大抵は気にせずに聞き流すことで問題にならないケースがほとんどですが、中には大きな人間関係のトラブルに発展する場合もあるため、同僚との関係性には注意を払っておくように心がけましょう。

女性が輝ける職種の代表として挙げられる看護師の仕事は、やりがいも魅力もありますが、それと同時にトラブルに巻き込まれやすい職種でもあります。
原因は些細なことでも、それが大問題にならないように、いざという時のために役立つ知識を備えておきたいものです。⇒参考情報http://woman-worktrouble.com