トラブル回避のコツ教えます!

女性特有のトラブルとその防止策や回避方法まとめ

医療の現場で起きやすいトラブルについて

 看護の仕事は「患者の病気を治すこと」が主体ですが、そこには様々な人との関係が無ければこなすことはできません。
患者さんやその家族以外では、同じ医療の現場で働く医師や薬剤師、入院生活をサポートする介護士といった人々と連携を取らなければ、看護の業務を十分にこなすことはできないでしょう。
このように、看護師は多くの人々との関係性のもとに仕事を行うことになるため、人間関係のトラブルも招きやすい側面があります。

 医療機関は女性の比率が高い職場であるため、どうしても他人や自分自身の評価に触れてしまいがちで、そのことによって不協和音が生じて人間関係を悪くするといった事態は少なからず見かけられます。
職場での噂話を小耳に挟んでトラブルになったというケースは、看護の世界でもよくある話です。

 また、昨今ではSNSの書き込みが人間関係の問題に発展する場合もあります。
そのため、職場以外での携帯電話の使用に対しても一定の規制を設けている病院もあるほどです。
さらに「人付き合いの距離感」に対する認識が甘く、適正な距離感を見誤って関係性を崩してしまうといった事態を招きやすい仕事でもあります。

 例えば、患者さんに接するような近い距離感のまま同僚と接してしまい、その同僚のマウンティングに巻き込まれてしまうという事態も起こりやすいようです。
自分を他者よりも上位に見せたい欲求は男性にもありますが、女性の場合はそれが深刻な人間関係のトラブルになりやすいため、看護の世界においては注意しておく必要があるでしょう。