トラブル回避のコツ教えます!

女性特有のトラブルとその防止策や回避方法まとめ

医療職の女性が注意したいトラブル

 医療関係の仕事に従事している女性が避けたいトラブルと言えばセクハラが挙げられます。
看護師として病院に勤務している場合、患者さんと身体的に密着する機会がありますから、そのような時に不快な思いをするケースがあるようです。
もしも問題が悪質だったり、自分一人の力では対処しきれない場合は、必ず上司に報告しましょう。
担当を替えたり、何らかの対応を検討してもらえるはずです。

 また、患者さんとの関係だけでなく、女性看護師が医師からセクハラされた場合は、直属の上司ではなく病院の上層部に訴え出る事も必要です。
直に医師に注意しようとした場合、仕事上問題が発生するケースもありますから、自分に有利な対応をとってくれる人にトラブルの解決を相談するのが適切です。

 しかし、時にはこうした男女問題ではなく、女性同士の間でトラブルが発生する場合もあります。
自分と相手の力関係が対等であればさほど問題はありませんが、上司や先輩から目をつけられてしまった場合は、パワハラ被害を受ける事もあるでしょう。
このようなケースを防ぐためには、職場の中の力関係を把握することが欠かせません。
信頼できる人を見つけて、注意すべき人物について訊ねておくようにしましょう。

 職場内で派閥が出来上がっている場合は、自分がどのようなグループにいるべきかもポイントになります。
仕事に私心を挟んで人をイジメるような人は、誰をターゲットにするか分かりませんので、できるだけ距離感を持って接するようにしましょう。